Ibanez TS808DX レビューなど

今回紹介するエフェクターはIbanez TS808DXです

このエフェクター一言で表すなら

TS808の音をすべて網羅!808マイスター

といった印象です

このエフェクターほんとに素晴らしいです


TS808の回路というと世界中のギタリストに愛され、数々の伝説の立役者として数々のボードに組み込まれてきた物です

そして今なお考え直されたり、復刻されたりと人気のエフェクターですが

今回紹介する808DXはその808シリーズのバリエーションの一つと言うよりは
808回路で作れるバリエーションを網羅したエフェクターといった感じです!


という事でまずは主な特徴から…

・OVERDRIVE/BOOSTの2ch仕様(個別on/off可能)
・歪み回路は現行TS808と同じもの
・9v供給、外部9/18v昇圧スイッチ付き
・Boost回路Pre/Postミニスイッチ付き
・見た目がヴィンテージっぽい
・見やすいインジケータ

こんな感じです

ツマミは4つ、スイッチが2つです

OVERDRIVE  … 歪の量を操作
TONE      … 高音域を操作
LEVEL     … 出力レベルを操作
BOOST     … ブーストレベルを操作
Pre/Post SW  … ブースターの前後を選択
9/18V SW … 内部電圧を切り替え

まず、オーバードライブchとブーストchが個別にオンオフできるようになっています、ですので各回路を単体で使用することも可能です

このエフェクター歪みの回路には現行TS808と同じ回路が使われているそうです

私は今までにヴィンテージのTS808とAnalog man TS808 Brown Mod を試奏する機会に恵まれまして、現行品のTS808の回路にはこのエフェクターで初めてに触れる事となりましたが、現行品の回路非常に使いやすいです!

ヴィンテージの物と比べると現行品は、歪みの効きがよくなっている、トレブルが強い
といった感じで

Brown Modと比べると、音が太すぎずエッジが立ちやすい
といった良さがあると思います

肝心の音は

どうでしょうか?

私はとてもブライトでいい感じだと思います

冒頭でも言いましたがこの筐体の一番の利点は音のバリエーションが多い事です

その要因となるのが2つのミニスイッチです

まず9/18V内部昇圧スイッチです、これは9Vの供給をそのまま内部で使うか18Vに昇圧して内部で選択します

この昇圧回路はおそらく歪み回路のみにかかっていて、ブースト回路は常に9V駆動かなと思われます

間違っているかもしれませんが…


皆さんは供給電圧と歪み回路の関係をご存じでしょうか?

詳しくはまた別の記事で言及したいと思いますが、今回は

供給電圧を上げると → 歪が弱くなる、コンプ感がなくなる

言い換えると

供給電圧を上げると → クリーンに近づく、ニュアンスに敏感になる

位のイメージで理解してください


そして、ブースター回路のPre/Postスイッチ

これが非常に便利でして、この内蔵されたブースターと歪み回路(808の回路)をうまく組み合わせる事
でさらに細かな音作りを可能にしています

このスイッチの動作ですが

Guitar input → TS808回路 → ブースター回路 → Output
または
Guiter input → ブースター回路 → TS808回路 → Output

のようにブースター回路を歪み回路の前段に配置するか、後段に配置するかを決める物です

つまり、ブースター回路が歪み回路の前段に来た時は入力レベルの調整に使える!

ブースター回路が歪み回路の後段に来た時は出力のレベル調整に使えるといる事です!

機能だけ言われも分かりにくいかもしれないので実際の音作りと合わせて話しますね…


まずは1つ目のセッティング例です

このセッティングはStevie Ray Vaughanの音を目指して調整したものです
曲にもよりますが「Could’t stand the weather」「Mary had a little lamb」あたりの音がモチーフです

つまり目指す所は

・歪がうすい
・トレブリー
・エッジが立っている

といったとこでしょうか

セッティングは

・供給は9Vでスイッチで18Vに昇圧
・DRIVEはわずか程度
・TONEがほぼ全開
・LEVELは2時くらい
・BOOSTは歪の後段で2時くらい

歪に関しては昇圧する事で歪みの量を減らすと同時にニュアンスを前面にだすというのを前提にTONEを上げてトレブリ―にしたといった感じです
歪みの後段にブースターを配置したわけですが、これがあると無いとではエッジの効きが大きく違います!

単に音量のプリセットと言うイメージよりはエッジをつけるためのブースターといった印象です
このセッティング今のところほかのTSと比べて一番SRVよりです

昇圧が大きいなと思います


2つめのセッティング例はこちらです



このセッティングはPeter Flamptonさんのようなウーマントーン(TONEを絞って歪ませた太い音)を目指して調整したものです

つまり目指す所は

・DRIVEは多め
・TONEは絞る(すいません写真はTONEあがってますね…)
・入力レベルを上げて飽和した歪み

といった感じでしょうか

セッティングは…

見た通りなんですが、特筆すべきはブースターを歪み回路の前段に持ってくる事で入力レベルを補っている点です

私機材はシングルコイルPUの物が多く、歪み回路を飽和させるには出力不足というのがいつも悩みの種です

そこでこのセッティングではシングルPUの入力レベル補うためにブースターを使用しています

レスポールなどハムバッカーで音作りをされる際も、いまいちパワーが足りない音圧が欲しい等のPU出力から来る悩みも前段にブースターを配置してプッシュする事で解決します

ほんとによく考えられてますね…

・後段の時はエッジ付けに
・前段の時は入力レベル補正に

ブースター一つでこんなにも音作りが豊かになるというのはすごい発想ですよね…

似たところではFulltone Fulldrive2 MOSFET、Fulltone Fulldrive3 MOSFETなんかが808系で似た仕様を持っています

実は発売された流れ的には、TS808 → Fulltone Fulldrive MOSFET → TS808DX といった感じでFulltoneのほうが先に作ったわけでして、このTS808DXはTS808の進化版としてFulltoneが出たものをついに本家が本家版として作り上げたといった感じです

しかしですね、機能の差異また回路も多少なり違うわけで同じコンセプトでも極端に使うとガラッとイメージは違ったものになるなあと思います

個人的に見た目も好きですしこのTS808DXをおススメします!

※追記2017/4/17 調べたらFulltone Fulldrive安くなってました


最後に悪い点ですが

・ちょっと筐体が大きい
・少しお高め
・ブースターを音作りのために使うのでもう一つブースターが欲しくなる

くらいでしょうか

クリーンブースター自体は単体でも十分使える品質だと思うので、うまく使えば他のブースターがボードから消えてスペースが空くかもしれません

ただ、わたしは音作りに使いたいので、もう一つブースターが欲しいです


最後に

TS808は改造品や年式ごとで多くのヴァリエーションがありますが、自分の目的・好みにあったものを探すといいんじゃないのかなと思います

最後までご覧いただきありがとうございます

誰かの購入の参考になれば幸いです


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です