FUZZのブラックホース Z VEX Mastotron 紹介レビューなど

今回紹介するのはFuzz Factoryで有名なZVEXから発売されているMastotronと言うファズを紹介したいと思います

このファズはお高いZVEXの製品の中では入門機?入門とかいっても使う物にそんな入門ようとかあるのかなと思ってしまいますがお求めやすい価格帯のVexterシリーズとして売り出されたモデルの一つになります(確かVexterシリーズだと思います…)

発売時の発表や多くの方のレビューなどを拝見しても万能で安いという事だけであまりフィーチャーされていませんが個人的にこのファズは電子音楽などを愛される方にとって傑作と呼べるものなんじゃないかなと思います

あまり大声で売り出されていないのが勿体ない!と言うより傑作じゃないか!と思っています

Fazzと言いますとノイズ系の方シューゲイザー系の方など機材厨にはたまらないジャンルのペダルだなぁと思うのですが一重にファズと言いましてもBender、Muff、Fuzzfaceなど様々な種類があるわけなんですが


このファズは主にfuzz Factory,Muffあたりを変幻自在に作り出せるぺだるであり、なおかつこのMastotronならではの音もある逸品だなぁと思います

このファズ一言で表すと

現代ファズの名器、電子音楽とギターの架け橋

と言うのが私の感想です

では行ってみましょう


まずはスペックから

・9V
・PUSH-RELAX  ファズのコンプ感を調節(に聞こえました)
・FUZZ 歪の量を調節
・PW  信号の波形を調節 pulth widthとの事です
・TONE トーン
・VOL ヴォリューム
・sub 3way Switch 1:Nomal、2:Boost、3:MORE Boost

こんな感じでしょうか


まず音から


いやぁ本当にぶちぶちした音色が印象的だなと思いました

ぶちぶち音はセッティングも普通のファズだと難しくツマミの関係からこだわったセッティングを作るのはなかなか難しいという事があったと思うのですが、MastotronですとPWとTONEによってそのあたりを細かく作れるという点は素晴らしい点だなぁと感じます

またJhon Frucianteさんのリードのような音も設定次第では作り出せるという点もいいなぁと思いました

基本的にイメージされるFuzzface以外のサウンドであればなんでも再現可能かと思います

私はST Vincentさんが使用されているという事からMastotronを知ったのですが、やはりいい物をつかわれているなぁと感じました

あまりファズ論争みたいなのも好きではないのですが、これ一台あれば解決するのではないのかなと思います


最後に

ここまでのファズでこの値段…ほんとにこれでいいのだろうかと思います

参考になれば幸いです

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です