バッファを付けるならいっそ根元から、ZV○X SHOをギターに付けてみた

以下携帯の書置きですー。

今回は最近いいコンパクトバッファが増えたなぁと言う事でバッファ欲しいなぁと思い、いくつか思う所があったので作ってギターに内蔵してみました


でまずは大元の音から

うーんやっぱりいいなぁ


最近はコンパクトバッファがいい!、いいのが出た!!と言われてるのですが、素直に考えて

やっぱりインストケーブルが長いから根元(ギター)からバッファ付けてあげた方が良いんじゃないか

と思いましてバッファをギター内蔵しようと思いました

やはり

ギター → インストケーブル →エフェクタ → アンプ

ならインストケーブルの劣化は無視したくないなぁと思います


確かにコンパクトとして製品にしないと小分けで売れないと言うのはわかるのでメーカーさんも仕方ないって言うところとあると思いますし始めから内蔵するのも面倒と言うところだと思います

ですので個人的にするしかないかなと思います


今回はZVEX shoを作って入れてみました
なんでshoかと言いますと

・gainミニマムでバッファみたいになる
・トリマー付けたら裏からブーストも出来る
・若干の味付けがある

この辺かなと思います


Shoはなんだかとても評判がいいですし、ポットをトリマーに変えて置いてつければ表のツマミも増やさずプッシュしとけばプリセットのブースタにもなるなぁと思いまして使いました。

そして若干の味付けがある所なんですが、中低域が持ち上がると前評判で聞いていたのでそこそこ安めの自分のEdwards に使ったらより良くなりそうだなぁ思って使いました

この辺の考えなんですけど

「画竜点睛」

って言葉がいい感じだなぁって思ってます

例えば、mesaのアンプに手を加えるとしたら大抵改悪になってしまうと思います。もし一手加えるならそれは極上の一手でないとならないかなぁと思うので同じ感じで

Shur とかprovidence みたいに元がめちゃくちゃいいギターにつけるバッファならprovidence のVitalizerの様な原音そっくりそのままと言うのが最良の一手かなぁと思うんですけど

自分のEdwards は確かに良い物だけれど最上級では無いのでshoの若干の味付けがベースアップになれば良いなと思いましてshoにしました


前置きが長くなりました

作業はこんな感じでした

1 パーツを買ってくる

パーツこんな感じでした。写真のミニSWなんですけど長さが足りなかったので手持ちの他のに変えました

2 回路図見ながらユニバーサル基板の上に作る

簡単といえどコンパクトに納める訳では無いので面倒でした。電池とかin outの配線配置をちょこちょこ変えながら1枚に収めました。

3 裏蓋開けて空きの確認、穴あけ

ありがたい事に1volとセレクタだけで裏が空いてて助かりました。確かドリルは6.5mmだったかな…

4 基板の導電チェック

写真消えました!すいません!

床において電池つけてギター → 基板 → アンプだったのでちゃんと音出ましたがGND適当だったのでたまにブーブーなってました。ちゃんとした製作補助台少し欲しかったです。てか雑だなぁ…今度はちゃんと作ります。

5 実装

ここでもたまにブーブー鳴ってたので、配線を見てみたらGNDがしっかり取れてなくて追加で新しいGND線を付けて完成しました。ノイズも無いです。やっぱりコンパクトじゃないので少しだけ配線周り気をつけてあげた方が良いのかなと思います。あとLED付けてないので2PDTのON-ONスイッチでトゥルーバイパスにしときました。これで電池切れても安心だなぁ

6 完成、音出し

良い感じに出来ました。あんまりコントロール増えるの好きじゃないですけどこれくらいなら良いかなと思います。バッファ効果なんですけど普段使ってるケーブルがそもそも短くて今のケーブルだとあ、わかるなぁって感じでした


感想、気づきとか

終始ええ感じだなぁと思ってたら電池が手元に元々消耗した9Vしかなくて途中から音量が下がってあぁと思いましたが、ちゃんと動いてるなと確認できてよかったです。

音の感想なんですけど嬉しい誤算がありました

・思ったより中低域が上がる

これでした。パーツは結構安い物を使っていたので素子数が少ない分一個一個の素子がモロに影響するのでそのせいかなぁと思いましたがそれにしても切り替えながら弾くと差があるなぁと思いました。普通のは足元でケーブル通ってから切り替えるので手元にある分根元からだとこんな感じなのか思いました。

音なんですけど結構中低域ローミッドが上がるので歪ませたりしながら切り替えて弾くと

これミッドブースターとしても使える

と思いました

パーツが凡庸な物だからか知りませんがこれはこれで使えるなぁと


その辺もひっくるめて実際はこんな使い方できるなぁと言うのがこんな感じ

・長いケーブルランならミニマムかけっぱでバッファとして
・普通のケーブルランなら切り替えて歪ませた時のミッドブースターとして
・Gainあげて置いてプリセットブースターとして

こんな使い方が状況ごとに出来るのは良いなぁ思いました。


作りたい方は探せば回路図はあると思うのであとはつなぎ方を少し手を加える程度でできると思います。

一応
※上手くいかなかったとしても保証できません


最後に

なんだかはじめの趣旨も叶って予想してなかった副産物みたいなのが出てきてくれてしてよかったなぁと思います。

作ってて思ったんですけどストラップに付けれる用に引っ掛けを付けた小さいケースに作って同じくストラップから電池引いてストラップ上に付け替えれるコンパクトバッファ作ったらギター全部に内蔵しなくても挿し替え出来て良いから今度作ろうかなぁと思います。

やっぱりどの辺に持ってくるかってのも良い考えなんだなぁと思いました

まぁ今回は内蔵できて足元にバッファいらず、ミッドブースターいらずになって持っていくペダルが減ったのは収獲あったなぁと思いました。

普段使いではそんなに長くないケーブルなので単音メインのフレーズ弾く時のミッドブースターになりそうです。

なんだか歪ませてオンにしてピッキングハーモニクスをするとない時より中低域が肉付けされてトレブリーな歪みチャンネルでも付けてる時は耳に痛くないハーモニクスだなぁと思いました。よくわかんないですけどGathrie Govanのハーモニクスこんな感じの音だったなぁみたいな感想です。

あ、これ余談なんですけど今回は基盤掘ってないですけどこのトリマー便利ですよ!


あれ、こんな値段だったっけなぁ…

誰かの参考になれば幸いです

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です